モル&ピース ~ゲッシーな日々~

    我が家のモル達の何気ない日常が綴られています。ハムスターもいます。

    スポンサーサイト

    ----------- --:--  No.


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ←モルちゃんブログランキング
    web拍手 by FC2
    スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    モモルケージの扉を外してみた&モルの色彩感覚について思うこと

    2011-08-28-Sun 14:49  No.373


    昨夜のモモル。
    ケージの扉を外してみたら良く見えるようになった。
    モモルが気にしてハウスの上に乗らなくなったりもしないようだ。

    110828-1.jpg

    110820-1.jpg←以前はこれ。昔よくテレビでやってた、プライバシー保護のためのスクリーンみたいね。声を変えて放送してます、ってやつ^^


    夏場はオレンジのフリースは、実際も見た目も暑いかもね。

    そういえば、モルは色彩をどのように感じているのか知りたい。
    しかし、こればっかりはモルになってみないと分からないね。
    いや、たとえモルになったとしても、脳味噌全部モルになっちゃったら、
    「ほほう、モルたちはこんなふうに見えているのか!実に興味深い!」
    なんて、思考できるかどうか疑問だね。

    モルの視覚に関係する部分だけを取り入れれば、どう見えているか確認できるかな?

    どうだろう、ものすごく人間と違っていてびっくりするかな?
    「えっ??モルたちはこんな見え方でよく生活できてるな!」
    って感心するだろうか。
    それとも、
    「あれ、人間と同じじゃん。」
    ってなるか、または
    「人間と似ているけど、なんかちょっと違うぞ。」
    とか。
    もしかして、今までに見たことのない色を感じることができるかもしれない??
    そういえば、赤から紫までの間にある色(および、それらを混ぜてできるすべての色)以外に、人間が見たことのない他の色ってあるんだろうかって時々思う。どうなんだろう。

    なんだかちょっと話がそれてきたけれど、色覚って不思議だとおもう。
    スポンサーサイト




    にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ←モルちゃんブログランキング
    web拍手 by FC2
    - | TB(-) | CM(-)

    モルクとイソジン

    2011-08-26-Fri 00:41  No.372


    先日(8月23日)病院で処方されたイソジン消毒液を10倍に薄めて化粧用コットンにしみこませ、モルクの禿げた部分とその周囲に塗っています。1日2回、2週間続けます。

    ↓イソジンを塗った後、餌入れに手を掛けじっとたたずむ今日のモルク。
    110825-1.jpg
    「ふ~、なんかスースーするモル~」

    モルクはこうやって餌入れに手を掛けるのが好きみたいです。
    薬を塗りやすくするため毛を短くカットしました。
    イソジンを塗った後は気になるようで結構掻いています。
    早く良くなるといいのですが。。


    110825-2.jpg←クリックで拡大
    処方されたイソジン消毒液の原液(中央)。10倍に薄めてペットボトル(右)に入れて使っています。


    ※今回の診療費

    再診料  ¥525
    外処置  ¥315
    外用薬 消毒液(30cc原液) ¥1050

    合計  ¥1890




    にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ←モルちゃんブログランキング
    web拍手 by FC2
    - | TB(-) | CM(-)

    モルクについての心配ごと (長文)

    2011-08-22-Mon 23:02  No.371


    今、モルクについて2つの心配ごとがあります。

    ①薄毛
    モルクは今年の春ごろから腰回りの毛が徐々に薄くなり始めました。
    はじめは大したことないだろうと思っていましたが、7月ごろになってひどくなってきました。
    8月2日にモルミンと一緒に東京のエキゾチック動物専門病院で調べてもらいました。
    シラミなどは見つかりませんでしたが、カビの検査をしてもらい、一昨日その結果報告がきました。
    皮膚糸状菌が見つかったそうです。
    明日また、その病院に行って相談や治療をしてきます。


    110822-1.jpg
    「ご飯はまだかいな?」
    脚の付け根あたりが禿げているのがわかります。


    110822-2.jpg
    尾てい骨らへんが禿げています。このままだと冬が寒そうですね。


    写真のように腰回りの毛が薄くなり、途中で切れたりもしています。皮膚は、見た目はきれいです。モルクはその場所を頻繁に掻いています。

    原因として思い当たるのは、去年の秋から今年の5月ごろまで(たぶん)、モルクは一日の大半をお気に入りの一か所(ケージの脇と牧草入れの間)に留まっていました。
    そこにはミニタオルが敷いてあります。毎日洗濯して、乾いたものを敷いておくのですが、一日経つとおしっこでびしょぬれになっていました。モルクは一日300mlくらい水を飲みます。おしっこは多い方だと思っています。
    皮膚にカビが生えたのはそのせいなのかな~と感じています。もちろん、同時に免疫力が低下していたということもあるかもしれません。

    モモルとはケージは別ですが、掃除中は仲良し広場に一緒に放しているので、感染していないかちょっと心配です。今のところ特に問題は無さそうに見えます。




    ②眼について
    モルミンの眼が悪化してきた頃(7月下旬)、モルクの右眼にもほんの小さい部分ですが、白くなっているところを発見しました。
    その頃撮った写真は、パソコンに移動中に誤って削除してしまいました。現在はその時よりも白い色が薄くなっています。写真をとってみたのですが、薄くてはっきりと写りませんでした。良くなってくれているならいいのですが。

    110822-3.jpg←クリックで拡大します
    モルクの右眼です。普通に撮るとあまり良く分かりません。
    7月下旬の時点では、もっとはっきりと分かるものでした。

    110822-4.jpg←クリックで拡大します
    「まぶしいモル~」
    LEDライトを照らしてみました。黒目の涙腺に近い部分が白くなっているのがわかります。


    モルミン眼の検査の前に眼科医に診てもらいましたが、モルミンと一緒で、カルシウムの蓄積だそうです。きちんと調べてみたら、左目にも同じ場所にわずかにカルシウムの蓄積がみられたそうです。加齢等によって代謝が鈍ってきたりすると起きてくるそうです。
    これは治療法はないそうです。

    ただ、モルミンの眼の状況の説明で、「角膜は表層の部分と中の部分とに分かれている。角膜は常に再生されている。表層部分は短期間で生まれ変わるが、中の部分は長い時間かかる。カルシウムが蓄積されると再生が鈍る。加齢、体調の悪化により、再生のスピードは弱まる」というような趣旨の話をされていましたので(きちんとメモしていたわけではないので、厳密にはちょっと違っていることがあるかもしれません。)モルクの体調がもっと良くなってくれば、これ以上悪化しないだろうし、改善されることもあるのではないかと思いました。

    角膜が白くなる現象は、モルミンと同じ時期に起こったので、関連があるのだろうかとも思いました。
    何か栄養の偏りなどの問題が我が家にあるのだろうか??とか。
    良く分からないので、とりあえず、毎日ビタミンCタブレットを食べさせてみることにしました。



    あと、モルクはその頃(7月の下旬)から食欲が落ちていたのですが、処方されたお薬(消化管機能回復剤と食欲増進剤、薬の名前は聞かなかった。)を飲んでいたら良くなりました。

    モルクの薄毛と角膜の白濁はほぼ同時期に起きているという気がします。
    これらの原因は、免疫力の低下とか、体調がイマイチとかなんでしょうけれど、基本的には加齢によるものなのでしょうかね。。
    モルクはもう4歳と3カ月になります。人間で言うと40~50歳くらいでしょうか。
    もうおじちゃんの年ですね。
    でも、モルは人間と違って、いつまでも可愛い顔をしているので、年取っているのが分かりづらいですね!^^




    にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ←モルちゃんブログランキング
    web拍手 by FC2
    - | TB(-) | CM(-)

    モルミンの生涯7 ~モルミンとモモル

    2011-08-20-Sat 11:31  No.370


    モルミンとモモルは、オスメス同士なので、接触させることは一度もなかったのですが、ずっとケージが隣り合わせで、お互いの存在を目視できる位置にありました。
    特にモルミンは2009年~2010年ごろ下の写真の位置で座って、モモルのケージの方を見ていることが多かったです。
    やはり、同じ仲間がそばにいることで、安心感や確認する楽しみを感じていたと思います。
    モモルの方はモルミンのケージをじっと見ていた感は私にはあまり感じられなかったのですが、モモルもモルミンと同じように感じていたのかもしれません。


    110817-1(090911).jpg
    2009年9月11日:モルミンじーっと見ています。

    110817-2(090911).jpg
    モモル側から見た様子。モルミンじーっと見ています。


    モルミンがいなくなってから2~3日が過ぎて、モモルの元気がちょっとなくなってきました。
    もしかしたらモルミンがいなくなったからなんだろうか?とふと思ったりしましたが、ケージが隣同士なだけで一緒に遊ばせたことなどがないので、そんなに影響はないんじゃないかと思うのですが、どうなんでしょう?

    でも、モルミンやモルクと違って、モモルは寂しがりやで、モルに対してはモルなつっこいタイプなので、もしかしてらモルミンの存在は私が感じている以上のものがあったのかもしれません。何とも言えませんが。


    そして、元気がイマイチなのに、3日前からモモルがまたハウスの上に乗り始めました。今年の1月以来、半年以上ぶりです。
    前日にモモルのハウスを綺麗なものに換えて、屋根の部分は新しかったのでそれが関係しているのかもしれません。

    しかし、もう少し深読みをして、
    モモルはモルミンの存在を確認したくて、辺りが良く見渡せるハウスの上に登ってみているのだろうか?
    なんて考えたりもしています。



    110820-1.jpg
    昨晩のモモル


    110820-2.jpg
    モモル側から見た様子。

    「モルミ姉さん、最近見ないなぁ・・・どこ行っちゃったんだろう・・・」






    と、モモルが感じているかどうかは、モモルにしか分からない。
    (あ、あと、動物の心が読める特殊な能力を持った人にも分かるかもしれない。)




    にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ←モルちゃんブログランキング
    web拍手 by FC2
    - | TB(-) | CM(-)

    ちょっとブルーなモモルの様子

    2011-08-17-Wed 23:03  No.369


    昨日、ちょっと元気がなかったモモルですが、今朝ハウスの上に乗っていました。
    最近は、モモルが屋根に乗るのは珍しいことです。

    調子が出てきたのかな?と思いましたが、顔を見るとなんだか目が眠そうで、ちょっとどんよりぎみ。
    顔はどんよりしているけど、調子悪かったらハウスの上に乗ったりしないと思うんですが、それとも違うだろうか。

    じつは、昨日夜、モモルのハウスが汚れてきたので、綺麗なやつに換えました。屋根の部分はまだ使ったことがなかったので新しいです。
    モモルはクンクン臭いをかいでいました。新しい匂いがするから登ってみたのかもしれないとも思いました。
    それとも、なんか心境の変化があったのかな?
    もしかして、モルミンのことを高いところから探してみたかったのかもなんて思ったりもしました。
    しばらくくつろいでいました。

    110817-6.jpg


    しかし、夜になって、鼻をしきりに腕で拭っているので見てみると、左の鼻の穴付近にほんのちょっと血が付いていました。

    「鼻血!?」って一瞬びっくりしましたが、鼻血というよりも、鼻水にちょっと血が混ざってた。という感じです。鼻水が出て痒くて掻きすぎたかして血が出たようにも見えます。

    モモルは以前から、鼻の穴が湿ってることが多です(特に左穴。鼻水が垂れるほどではありません)。あと、若いころは良くくしゃみをしていました。
    ちょっと鼻が弱い子なのかもしれません。
    これから年を取っていくので、注意していきたいです。

    110817-7.jpg←クリックで大きくなります。

    元気がないのと鼻水が関係しているかもしれません。
    風邪気味なのかな?
    今朝のどんより眼付きも気になります。
    今日はご飯は、まあまあ食べていました。
    ハウスの上には乗っていません。


    【追記 23:07】
    今見たら、モモルはハウスの上に乗ってました^^




    にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ←モルちゃんブログランキング
    web拍手 by FC2
    - | TB(-) | CM(-)

    モルク&モモルの反比例の法則

    2011-08-16-Tue 16:27  No.368


    この前までモルクの食欲がイマイチでちょっと元気がなかったので、病院に行ってお薬を処方してもらい、飲ませて、最近はとっても元気になってきた。モルクが不調のときはもモモルはとっても元気だった。しかし、モルクがとっても元気になると、今度はモモルがブルーになる。この現象は以前から何回か確認されている。この現象を「モルク&モモルの反比例の法則」という。
    理由はよく分からない。もしかしたら、モルクとモモルの間に何かあるのかな?なんて思ったりする。相手があんまり元気だと気持ち的に圧倒されてしまうとか?なんちゃって。

    たまたまかもしれない。しかし、人間には分からないモル同士の精神的なやり取りとかって、いろいろあるんだろうな、とは思う。

    110816-3.jpg
    昨晩のモモル




    にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ←モルちゃんブログランキング
    web拍手 by FC2
    - | TB(-) | CM(-)

    モルミンの生涯6 ~人生中盤に起きた変化とは

    2011-08-16-Tue 15:11  No.367


    さて、モルミンが3歳を過ぎてから、2007年9月にモルクが、2008年2月にモモルが、我が家にやってきました。
    自分以外に2匹のモルがやってきてからモルミンは徐々に緊張がほぐれて余裕が出てきたきたように見えました。

    モルミンは直接の交流はないものの、自分と同じモルモットが近くにいることや、そのおかげで飼い主の視線が自分以外に注がれることが多くなり、安心できるようになったのではないかと思います。

    モルミンの休憩場所が部屋の隅っこから椅子の下に移動したし、掃除中ひとりで部屋を歩きまわったりするようになりました。

    2008年の秋頃になると、ケージの掃除中私のところに来て牧草をねだるようにまでなりました。そして、ケージのトレイ越しではありましたが、頭をなでても逃げなくなりました。とてもうれしかったです。4歳でやっとそこまでになりました。モルミン、中年になって図太くなったのかもね。

    その後、私の見える位置でも脚を伸ばして寝転がり、まったりくつろぐようになりました。
    以前のモルミンからは信じられない進歩だと思いました。




    にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ←モルちゃんブログランキング
    web拍手 by FC2
    - | TB(-) | CM(-)

    モルミンの生涯5 ~一匹モル時代(2歳)

    2011-08-16-Tue 14:46  No.366


    モルコが亡くなってからモルクをお迎えするまでの10ヶ月間(2006年11月~2007年9月)、モルミンは「一匹モル」でした。

    モルコがいなくなって、モルミン自身がどう感じていたかは知る由もないのですが、モルミンに元気がなくなったなどの変化は見られませんでした。基本的に個人主義でマイペースなモルミンは一人でも大丈夫だったのでしょう。

    しかし、モルミンは全く外に出なくなりました。モルコの存在によって、外出を促されていたようです。

    モルミンの性格は相変わらず臆病で、足を投げ出してくつろいだり眼をつぶったところは、絶対に人には見られないようにしていましたし、掃除中は部屋の隅でこっそり待機し、掃除が終わると一目散にハウスに駆け込んでいました。
    その様子はまるで、飛んでくるかもしれない鉄砲の弾か槍などに当たらないように警戒しているかのようでした。
    私は、何をそんなに警戒しているのか理解に苦しみました。被捕食動物としての逃げの本能が強い子のなのだろうか?と。


    110816-1.jpg
    2007年3月5日の記事の写真(エキサイトブログ時代)モルミン2歳6カ月:当時このように、ハウスに入りながら入口に餌の容器を持ってきて食べる様子は、”ヤドカリモルミン”と呼ばれていました。
    (本題からそれますが、写真がいい感じにレトロです。当時の携帯のカメラで撮ったもので、色調が色あせた感じでなんか、このような思いでの記事にはぴったり?^^)


    モルコが亡くなるちょっと前からブログを書き始めましたので、その頃からの写真は過去の記事に投稿されています。




    にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ←モルちゃんブログランキング
    web拍手 by FC2
    - | TB(-) | CM(-)

    モルミンの生涯4 ~若モル時代2006年の動画

    2011-08-15-Mon 11:34  No.365


    2006年に撮影した動画です。そのころ持っていたデジカメで撮影しました。

    画像が暗くて粗くて綺麗じゃないですが、そんなところがかえってレトロでノスタルジックな感じがして、なんかいいと思いまーす。


    モルミンの鳴き声。子供のころはよく鳴きました。




    顔を出して辺りをうかがうモルミン




    俊敏な動きをみせるモルミン。




    にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ←モルちゃんブログランキング
    web拍手 by FC2
    - | TB(-) | CM(-)

    モルミンの生涯3 ~モルミ&モルコ 二人は仲良し?

    2011-08-15-Mon 11:13  No.364


    モルミンには、同じ日に我が家にやってきたモルコというお友達がいました。
    部屋に放すと二人で歩きまわり、部屋の隅で休憩していました。
    モルミンとモルコはタイプが違うモルで、モルコの方が活発で筋肉質で運動神経が良かったのに対し、モルミンはおとなしくて非筋肉質で運動が苦手でした。
    でも、二人に共通だったのはどちらもビビりー性格で、人前では足を延ばしでくつろいだり、寝顔を見せようとは決してしませんでした。
    良く観察していると、モルコの方がモルミンにちょっかい出していて、モルミンは結構迷惑そうにしていることがありました。
    そんな二人でしたが、2006年10月31日モルコの突然死でお別れの日がやってきてしまいます。


    110814-5-1(060902).jpg
    2006年9月2日 モルミン2歳 モルコ1歳9カ月


    110814-6(061021).jpg
    2006年10月21日 モルミン2歳 モルコ1歳10カ月




    にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ←モルちゃんブログランキング
    web拍手 by FC2
    - | TB(-) | CM(-)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。