モル&ピース ~ゲッシーな日々~

    我が家のモル達の何気ない日常が綴られています。ハムスターもいます。

    スポンサーサイト

    ----------- --:--  No.


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ←モルちゃんブログランキング
    web拍手 by FC2
    スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    モル近況報告

    2009-08-08-Sat 13:51  No.279


    モルクは5日くらい前から食欲が落ちてきたので、病院に行ってきました。
    特にペレットをあまり食べなかったので、歯を調べてもらいました。
    すると、なんと臼歯が内側に少し尖りだしてきていました。
    不正咬合が生じてきているようです。ガビーン!
    しかし、今回の食欲の減退の原因は、何らかのストレスによる消化管のうっ滞の可能性もあるので、お腹の働きを良くするシロップを処方してもらいました。

    そして、昨日あたりから回復してきて、ペレットもきちんと食べるようになってきました。
    一時、う○こが小さく(短く)なっていましたが、今は元の大きさに戻っています。

    どうやら、今回の不調の主な原因は歯ではないようです。
    もちろん不正咬合は重大な問題なのでこれはこれで何とかしないといけません。

    090808-1.jpg
    消化管うっ滞を解消するシロップを飲んでいるところです。
    おいしいみたいです。フルーツは嫌いだけれど、甘いシロップは好きなのかな?



    今回のモルクについて、私は2つの反省と課題に気づきました。

    一つ目は、モルクの不調の原因についてです。
    最近の私は疲れていてとても元気がありませんでした。
    モルたちの世話も義務的になっていたのかもしれません。
    モルクの横に座ってパソコンをやることもあまりしなくなっていました。
    そして、先週末は職場の歓迎会で帰りが遅くなったり、新潟に花火大会を見に行って翌朝こちらに帰ってきたりしていました。

    モルクの不調に気がついてから、モルクのことを頻繁に見るようになりました。
    帰宅し、モルクのケージの前に座って様子をみていると、毎回モルクがハウスから出てきて、朝からあまり減っていないペレットを食べ始めるのです。

    モルクは寂しかったのかな。

    それだけが原因ではないだろうとは思いますが、
    モルクの不調の原因のひとつは、私が元気にしていないのが、モルクに移っちやったのかもしれないと感じました。

    母親の元気がなくなったら子供も元気がなくなるような感じかな。

    こちらが思っている以上に、モルクにとって私の存在は重要なのかな。
    って思いました。



    しかし、あとの2モル、モルミとモモルは私やモルクの不調とは対照的に、なんだか知らないけれど、最近とても元気で絶好調なのです。


    090808-2.jpg
    「タオル上でだら~んは最高ね~♡」


    090808-3.jpg
    「最近クーラーついていて過ごしやすいな~♪」


    モモルは寂しがり屋だけれど、それは概ねモル仲間についてのみいえることなのだと改めて思いました。
    モルクは飼い主に対してはモモルよりもずっと寂しがり屋なのです。

    しかし、モルクのように飼い主の調子と連動してくれるモルは、とっても愛しい存在ですが、その反面、デリケートで心配です。
    ペットホテルとか、病院とかに預けなくてはならなくなったとき、大丈夫かなって思います。

    モルミやモモルのように、飼い主の不調とはあんまり関係なく元気でいてくれるのは、これはこれでありがたいと思います。



    もう一つの点は、モルクの歯についてです。

    臼歯が内側に尖ってしまっている原因は何なのでしょう。
    モルクは牧草を食べてるようで、あんまり食べていなかったのでしょうか。。。
    ペレットも問題のあるものとは思えないし、野菜ばかりあげているわけでもありません。
    遺伝なのでしょうか。
    いずれにしても、これ以上悪くならないように、モルクにはたくさん咀嚼してもらわないといけません。
    としあえず、モルクは堅い部分はあまり食べないので、チモシーの2番刈りをあげるようにしました。

    今回、モルクがペレットを食べなくなったから口の中を調べてもらったのですが、
    そうなる前にあらかじめ検査をしておくべきだなと反省しました。
    行かないとなあ~って漠然とは思っていましたが、なかなか行かずに後延ばしになっていたのです。

    モルミはこの前、しこりを診てもらいに行ったときに、お医者さんが見てくれました。
    モモルはまだ診てもらっていません。
    モモルは牧草が大好きモルなので大丈夫な気がしますが、検査はしておかないといけないなと思います。
    そして、モルクとの違いを観察してみたいです。


    ↓おまけ。予想以上にきれいに撮れました。





    にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ←モルちゃんブログランキング
    web拍手 by FC2
    - | TB(-) | CM(6)
    No title
    モルク君の体調は少し上向きになってきたでしょうか。早く、元気になってくれることを願っております。
    モルク君は、ピコリンさんのことが大好きで、とても頼っているんでしょうね。モルの中にはそんな子もいるのですね。うちの2匹は、私が一週間近く寝込んでも、普段と変わらず元気いっぱいなのので、私の気分などには全く影響されないようです^^;。
    そして、不正咬合のことですが、ホニュウ動物の顎や歯の形質は、少しは食生活の影響もありますけど、ほとんどが生まれ持った遺伝的なものの影響の場合が多いです。
    だから、モルク君やピコリンさんが食生活の面で、なにか良くないことをしていたわけではないと思います。モルク君の体調不良も不正咬合のこともとても心配でしょうけど、ピコリンさんも最近あまり元気がなさそうですし、無理をされないようにしてくださいね><。
    [ 2009/08/08 22:05 ] [ 編集 ]
    No title
    ありがとうございます(^-^)
    モルクの歯はやはり遺伝的な要因なんでしょうか~。
    これ以上に悪くならないといいなあと思います。
    今後、定期的に経過を観察し、もし歯の具合が徐々に悪化していったとしたら、ひどくなる前に歯を削る処置をしないとならないですね。
    臼歯を削るには全身麻酔をしなければならないそうなので、その点が心配です。
    ま~、しかし、心配ばかりしていてもどうにもならないので、今後もモルクが元気でいられることを願いながら、できる最善を尽くすのみ!ですね。p(^-^)q
    [ 2009/08/08 22:34 ] [ 編集 ]
    No title
    モルクちゃん・・・・不正咬合ですか・・。
    心配ですよね。
    モルクちゃんストレスですかね~でも、あんまり自分の事を責めないで下さいね。
    私も、前にブログで書いたんですけど ピコリンさんと同じことを思います。
    私が元気ないと・・もーも元気ないし・・私が元気だともーも元気なんです!
    飼い主とペットはきっと気持ちも移っちゃうんでしょうね。
    モルってすごくデリケートですもんね。
    不正咬合良くなるといいです。
    これ以上悪くならないといいです!
    [ 2009/08/09 23:14 ] [ 編集 ]
    もーちゃんさんへ
    ありがとうございます!
    モルたちのためにも、いつも元気でいてあげないとなあ~って思います。
    今後もモルクが元気でいられることを願いながら、最善を尽くしていこうと思います。
    [ 2009/08/09 23:33 ] [ 編集 ]
    No title
    モルク君お疲れ様でした☆
    食欲も戻ってきているならよかったです(O^^)ノ
    確かに一緒に生活しているのだから何か気持ちが伝わってしまうのかもしれませんね☆
    ろじーもあたしが元気ないとろじーまで元気がないような気がします
    なので、あたしもちびずの前では、元気いっぱいを心がけてます(O^^O)
    モルク君はピコリンさんの事が心配だったのかな?
    心優しいモルク君ですね♪
    ピコリンさんも夏ばてなど気をつけて下さいね(^^)ノ
    ピコリンさんもモルク君も元気が1番です☆
    [ 2009/08/10 00:08 ] [ 編集 ]
    ろじままさんへ
    ありがとうございます!
    そうですよね、身近な人が疲れて元気ない顔してたら
    やっぱり元気なくなりますよね。
    モルと人間は会話はできないけれど、会話意外で伝わるものって大きいですよね。
    モルクは私のことを心配していたのかなあ~??
    [ 2009/08/10 01:17 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。