モル&ピース ~ゲッシーな日々~

    我が家のモル達の何気ない日常が綴られています。ハムスターもいます。

    スポンサーサイト

    ----------- --:--  No.


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ←モルちゃんブログランキング
    web拍手 by FC2
    スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    悲しいお知らせ

    2011-11-05-Sat 07:28  No.404


    モルクは亡くなってしまいました。
    悲しくて涙が止まりません。
    胸が痛くて呼吸が苦しいです。

    いつも一緒にいる飼い主の私が、モルクのことを一番分かってあげなくちゃいけないのに、
    最後につらい体験をさせてしまいました。私は判断を誤りました。

    病院に一泊したモルクは、かなり弱ってしまっていました。
    もともと体調がとても悪かったので、入院しなくとも悪化はしたとは思いますが、こんなに急激には悪化しなかったと思います。

    体がむくんでる時点でもういっぱいいっぱいだったのです。
    そして、モルクには知らない場所での一人でのお泊まりは性格上向いていないのに。

    9月に血液検査と点滴をした日、モルクは普段入らないハウスの中に入ってブルーになっていました。
    注射にはかなりのストレスを感じていたのです。

    それなのに、入院する日に血液検査やら、レントゲンやらして、入院してから点滴を3回、鎮痛剤の皮下注射を2回、知らない人が沢山いる不慣れな場所で一晩過ごして、過酷でないわけがない。

    血液検査とレントゲンを撮る時、いつものモルクならキーキー鳴くのに、今回は鳴きませんでした。
    それだけ消耗していたのしょうね。

    入院の前の日、検査をたくさんやるのはモルクの体に負担になるから極力やめようと思っていたのに、どうして入院させようと思ってしまったのか?私は何て考えがぶれやすいんだろうか!

    獣医さんには、「かなり体調が悪いので、入院中亡くなってしうこともあるかも知れません」と言われてもいました。

    なのにどうして大丈夫だろうと思ってしまったのか?

    (11/10追記:獣医が提案しているのだから死亡リスクはそんなに高くないだろうなどと、あいまいな認識はせずに、きちんと死亡リスクの数字を聞いておくべきだと思います。)



    自宅で強制給仕をして、検査や治療のため病院に通うのはモルクにとって苦痛ではないかとも思いました。(病院が遠い。車で1時間半~2時間。)
    それに、治療は早い方がいいとも思いました。
    それから、私では強制給餌がうまくいかないので、病院にでやってもらえばうまく食べてくれるとも思っていました。

    でも、看護師さんがやってもうまくいかなかったそうです。

    そして、点滴をしても、むくみは全くとれませんでした。

    モルクは、もう、検査とか、そういうレベルではなかったのです。
    余生を、お気に入りの場所で過ごさせてあげるという段階だったのです。
    治療すればもしかしたら良くなるかもしれないというのは違ったのです。

    入院しなくても、おそらく長くは生きられなかったと思います。
    でも、残された貴重な時間を、慣れている暖かいいつもの自分の場所で過ごしてあげさせれば良かった。


    でも、病院で亡くならなくてよかった。
    今朝モルクは自分のハウスの中で脚を伸ばして亡くなっていました。
    苦しくて伸ばしたのかもしれませんが、久しぶりにモルクらしい姿を見ました。

    じつはモルクは、ここ数カ月、脚を伸ばしたり、スフィンクススタイルなどのリラックスした姿勢はしなくなっていました。
    いつも、まっすぐに身体を立てて、背中を丸くしてじっとしていたのです。(一度だけ、リラックススタイルをしたことがあります。それは、一回目の血液検査をする二日前の朝(9月17日)です)

    その時の貴重な写真

    前からモルクは体調に異変があったのです。
    何か問題を抱えていたのだと思います。

    モルを飼い始めて間もなく7年になろうとしていますが、
    7年も飼っているのに、モルクと4年半ずっと一緒にいたのに、
    可哀想なことしてしまって、
    今はただ自責の念にかられています。

    これからは、なるべく検査は控えていきたい。
    自然に任せる方向で。
    検査してよくなるかも知れなくても、
    悪くなるかもしれないから。

    人間なら、あるていど、医学が進んでいるから、大抵は検査や処置をして病気が治るし、自分の病気を理解して、辛い検査にも耐えたりしていいかもしれないけれど、

    モルの病気については、まだ分かっていことが多いので、治療の効果は見込めないことが多いだろうし、モル自身もなんだかよくわからいまま、痛い思いをして身も心も傷ついてしまいます。

    それならば、自然に任せる方が、よっぽどいい。

    なんだか、文章がまとまらなくなってしまいました。




    にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ←モルちゃんブログランキング
    web拍手 by FC2
    - | TB(-) | CM(-)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。